着物の豆知識は知れば知るほど着こなしや振る舞いが上手くなる

覚えて活かそう着物の豆知識

最近若い女性の間で着物を上手に普段の生活に取り入れるのが流行っています。
日本人ならでは和の心を大切し、日本の文化に親しむのは良い傾向です。
どうせ着るのなら着物について色々と豆知識をつけた方が、より一層着こなしに幅が広がり楽しめるのではないでしょうか。
着物に関する豆知識には様々なものがありますが、TPOに合わせた着こなしができれば一目置かれることは間違いありません。
TPOとはその時々のシーンに合った着物や帯・履物などを正しく選ぶことです。
結婚式や入学式などのフォーマルな場面では黒留袖や色留袖・振袖などがふさわしく帯は袋帯で、履物は三段や佐賀錦などの草履が良いとされています。
また七五三やお宮参りなどには訪問着なども良いでしょう。
カジュアルなシーンでのお食事や和のお稽古時には、小紋やシンプルな付下げなどが好ましいとされます。
帯は洒落袋帯や名古屋帯・もしくはファブリック帯などでも素敵です。
カジュアルなシーンでも歌舞伎鑑賞やホテルなどでのお食事の際は一段の草履が向いています。
またお祭りや花火大会などのイベントには浴衣でさらりと着こなしを決めて、下駄を履くのが粋な着物スタイルです。
またあると便利な小物の豆知識として、バストのふくらみが気になる時には、専用の和装ブラジャーを身につけるとボリュームが気になりません。
ウエストの細い方やヒップの小さい方は着物用補正パッドを使用すると、全体のバランスを美しく補正することができます。
さらに夏場などの着用時に万能なのが、汗取り機能のついた肌襦袢です。
これは汗による生地自体への変色を防ぎ、暑い季節でも快適に着こなしを楽しむことができるアイテムです。
その他の小物類の豆知識としては、和の装いには派手なアクセサリーや腕時計はつけないのが基本です。
どうしてもつける場合にはシンプルで気品のあるパール類のアクセサリーや、着物の色味に合わせた天然石などのジュエリーをつけるのが良いでしょう。
腕時計は細身で上品なタイプをさりげなくつければ着物の邪魔になることはありません。
またメークアップの際もポイントがあります。
濃いめのアイメークや派手なチークは避け、綺麗なリップやグロスで気品のあるナチュラルメークを心がけたいものです。
さらに爪先まで気を使いネイルは透明なタイプか、淡い色味のマニキュアを綺麗に塗るのがコツです。
このような豆知識を覚えておけば、急なイベントごとにも慌てずに和装を楽しむことができます。

このように着物は様々な場面に合わせて活用する必要がありますが、特定の場面だけしようすると使う機会が無くなってしまうものもあるかと思います。
そんな時には余った着物を買取に出すことが有効です。
今は着物の人気も高まり、買取価格も高騰しているので売るならチャンスと言えるでしょう。
賢く利用して和装の着こなしを楽しんでください。